Museums in Chiba
トップへ戻る前へ戻る 印旛地区歴史寺社


成田山霊光館
 ― なりたさんれいこうかん ― 


外観写真




沿革
 本館は、成田山の宗教的使命達成と地方文化の向上を目的に、昭和22年5月に開館しました。主として成田山の歴史資料と、下総地方の考古・民俗・古文書などの郷土資料を収集・保管・展示しています。また付属施設として昭和59年に開館した、平和の大塔1階にある霊光殿では、大絵馬・書画など成田山関係の美術品を展示しています。


展示内容

 第1展示室は特別展示室で年3回特別展を開催しています。特別展開催以外は常設展示「門前町の民具」を行っています。第2展示室は常設展示「成田山の歴史」と題して、成田山の開山から江戸時代の興隆、そして歌舞伎界の名門市川団十郎代々における成田山信仰の様子などを紹介しています。
 霊光殿では常設展示として「成田山の大絵馬」を開催しています。谷文晁・歌川豊国・歌川国芳・川鍋暁斎らの絵師が描いた華麗な大絵馬で、うち22点が県の文化財に指定されています。


主な展示又は活動

写真
成田詣でと門前町(展示風景)
写真
矢の根五郎の図 国貞画
(県指定有形民俗文化財)
写真
宝永2年 稲葉正通寺領寄進状


ご利用案内
◆開館時間 9:00〜16:00
◆休館日 月曜日・年末
◆入館料 大人 300円  中学・高校生 150円  小学生以下 無料 (霊光殿と共通料金)
◆問い合わせ先 〒286-0021 成田市土屋238 成田山霊光館
 電話 0476−22−0234  FAX 0476−22−0242


交通のご案内
◆電車 JR成田線・京成電鉄ともに成田駅下車 徒歩20分
◆自動車 東関東自動車道路成田インターから10分
地図