Museums in Chiba
トップへ戻る前へ戻る 安房地区歴史民俗


鴨川市郷土資料館
 ― かもがわしきょうどしりょうかん ― 


外観写真




沿革
 鴨川市内に残された貴重な文化遺産の保護センターとして、昭和57年11月に開館しました。地域の歴史・民俗・考古・自然などに関する資料の収集・保管と同時に、展示については「見る資料館からふれる資料館」を基本として広く一般に公開しています。また、市内出土文化財の収蔵・活用施設として鴨川市文化財センターが併設され、平成13年2月にオープンしました。


展示内容

●1階 常設展示室
 昭和30年代以前の農家のくらし、商業・漁業の道具

●1階 特別展示室
 鴨川市出身の政治家「水田三喜男」の遺品

●2階 展示室
 生産生業・交通運輸通信・民俗芸能
 郷土の生んだ宮彫師「波の伊八」、歌人「古泉千樫」の作品

●文化財センター
 市内より出土した土器・漆器、舟形石棺など


主な展示又は活動
写真
1階 常設展示室
写真
2階 常設展示室
写真
お正月のお飾りづくり教室
写真
鴨川市文化財センター展示室


ご利用案内
◆開館時間 9:00〜17:15
◆休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始
◆入館料 一般 200円(140円)  小・中・高校生 150円(100円)
※( )内は20人以上の団体料金
◆問い合わせ先 〒296-0001 鴨川市横渚1401−6
 電話 04−7093−3800  FAX 04−7093−1101


交通のご案内
◆電車 JR外房線安房鴨川駅下車 徒歩10分
◆バス 日東交通バス市役所前下車
◆駐車場 無料 15台
地図